2011年08月07日

スープ、自家製ベーコン、塩締めグリルポーク

MOSTのスープは、ブイヨンなどの化学調味料は使わないようにしています。

野菜やお豆、自家製ベーコン、塩締めグリルポークなどをから
旨味を出し自然なスープを作るようにしています。
オーガニックなクロアチアの味を楽しんでください。

べーこん.JPG


















↑↑↑ モスト名物(^^)ベーコン吊り下げの図
ストーブで乾かし、余分な血を取ってから
スモークします。



で、肝心のクロアチアではどうか?
化学調味料を使う家も多いです。
なんと言っても
ベゲタ(VEGETA)
http://www.vegeta.com.hr/
を使います。

でも、僕がお世話になった家は
あんまりベゲタを使わない家が多かったです。
お母さんが家に居て、時間を掛け出汁を取った料理を出してくれました。
日本とおんなじですね。忙しいお母さんは、化学調味料も(T.T)仕方ないですね。
僕の家は、しっかりと出汁を取る家で「本だし」なんかは使わなかったので
出来るだけ、伝統的な手法でオーガニックな味付けで行きます。

ただ、VEGETAはやっぱりクロアチアの味と思います。
日本で言う「日清から揚げ粉」的な使い方もするんで
ジャンクの時に使いたいと思います。

VEGETAは、クロアチアのメーカーですが、
ユーゴスラビア時代から中東欧で広く使われていて、
クロアチアのおばさま曰く、
「国外に行くときは、お金の替わりにベゲタを持って行ったのよ」
それくらい、人気があり皆が欲しがった調味料ということでしょう。
メーカー詳細は、仕入れ先でもある「アドリアの真珠」さんがブログで書いています。
http://www.adria-shinju.com/hpgen/HPB/entries/23.html

ベゲタは、今でも人気があります(^^)
昔のカンは、日本人女性と金閣寺????です。
これはザグレブと京都市の姉妹都市を記念したカンカンだそうです。
お世話になった家では、今も使われていて、袋入りをカンカンに移して使います。
本当に感動しました。ボンカレーのカンカンの様な懐かしい色でした。


vegeta.jpg
posted by MOST at 19:17| Comment(0) | MOSTのこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。